遺言書を書く前にすることは何でしょうか?

遺言書作成に際しての5つの心得

自分の意思を伝える遺言書。大変な点といえば、書く内容を決めることでしょう。ある意味、人生の総決算的一面もありますし、自分の遺言書が原因で相続人たちが仲違いをしては困ります。それを避けるポイントをいくつか挙げます。

①気がかりなことを優先して内容を決める。 遺言書を作ろうと思うのは、何か心に引っかかることがあるからという理由が多く考えられます。それを解消するためには、何が必要なのか考えてみることが大切です。

②家族の今の生活を守れる内容を考える。 同居人が同じ家に住み続けられるよう自宅を相続させる、ペットの面倒を見てもらう人を決めておく、など相手のことを考えると自ずと思い浮かぶと思います。

③相続人同士の不動産の共有はできるだけ避ける 不動産の共同相続は避けることをおすすめします。特に相続人のうちの1人がそこで暮らしていたりすると、トラブルのもとになります。

④法定相続人の遺留分に配慮する。 遺留分は法が定めたその人の権利。特定の人が多めに相続すると、他の人は軽んじられたような気分になりかねません。なるべく他の人にも遺留分を意識した額を相続させたり、生前贈与などで配慮を見せましょう。ただ、本当に問題のある相手には、廃除という手もあります。

⑤各相続人が納得できる道を探す。 先の項目に似ていますが、相続人には、これまでの人間関係や援助額などを考慮して、見合うと考えられる額を相続させましょう。公平感を与えて納得させられれば、遺産争いなどは起こりにくくなります。自分がなぜそう遺言したのかを付言事項として、相手にきちんと伝えていくことも大切です。

遺言の内容を決める。

財産がはっきりしなければ、遺言書の内容を決めることはできません。まず自分の財産を「現金・預貯金」、「有価証券」、「生命保険・損害保険」、「その他」に分けて、リストアップしてみましょう。その際、種類、名称、所在地、評価額も忘れずに記しておきましょう。「生命保険・損害保険」に関しては、受取人と金額に配慮して、相続内容を決めるように心がけましょう。「その他」に関しては、家財も相続対象となるので、高額なものは忘れずにピックアップしておきましょう。 これらのポイントを参考に、自分の想いが伝わるように内容を考えてみましょう。また、各相続人の情報も正確なものを入手しておいてください。

相続相談事例の最新記事

相続のご相談予約中! お気軽にご相談ください 0120-201-512 電話予約受付:9:00〜18:00(平日) メールは24時間受付中! 詳しくはこちら